目次

 

ロゼッタストーン・ラーニングセンター 銀座校

公式サイトより引用

ロゼッタストーン・ラーニングセンター銀座校は、1対1での授業に主眼をおいた英会話スクールなのだそうです。
学習方法は、生徒にただ授業を受けさせるのではなく、それぞれが確実に語学力をマスター可能なスタイルの授業を提供しているとのこと。
生徒が「もうダメだ」と思ったときに、それを乗り越えるための万全な支援を実施することで目標までの到達をめざしているようです。

この英会話スクールの最大の特徴は、復習過程を備え、またeラーニングシステムも取り入れている点。
生徒は授業でやったことを自宅で復習し、インターネットを利用して更なる学習をすることで実力を伸ばすことができるようです。
授業自体も品質が保証されており、1回の授業の内容が頭に定着しなかったならば、24時間以内に申し出れば、もう一度同じ内容の授業が受けられるそうです。

授業はスピーキング重視のようです。
ただ聞いてばかりでは、英会話を身につけるのは困難です。
とにかく英語をしゃべること、これをこの英会話スクールでは大切にしているそうです。
一対一の授業体制ですから、他の生徒の目を気にすることなく気軽に講師に質問ができます。
自分が分からないと思ったところを、心ゆくまで質問をして自分が満足のいく知識を吸収することが可能なようです。

またこの英会話スクールでは、生徒がどれぐらいの語学知識をもっているのか、またその生徒がどんな目標をいだいて学習したいのかを事前にチェックして授業を行うのだとか。

授業内容も、事後に講師がキチンと学習記録をつけ、生徒の成長度を常に頭にいれているそうです。
授業も録音がOKのようですので、これなら24時間いつでも好きな時間に授業の振り返りができますね。

教えてくれる講師は日本や日本語をよく知っているバイリンガルな講師で、生徒の気持ちになって授業をすすめてくれるそうです。
その上、授業は生徒の希望に合わせたカスタマイズ型の授業となっており、1日に1コマでも2コマでも好きなコマ数でとれるほか、24時間オンラインで予約ができるようです。
早朝でも夜でも、自分の生活スタイルに合わせられるのは魅力ですね。

 

英会話教室ステージライン 銀座校

公式サイトより引用

ステージライン銀座校は、「大人の英会話」というキャッチフレーズのもと、大人のための英会話スクールとして長年銀座にあるんだそうです。
銀座4丁目の三越すぐそばという立地のよさも、周りの景観に負けず劣らず綺麗な建物というのも、通いたくなる気持ちをさらに後押ししてくれそうな気がしてきます。

料金は、「銀座で月謝でフリータイム制」と、全コースが月謝制なのだそうです。
フリータイム制のグループレッスン・マンツーマンレッスン・教育訓練給付制度指定講座などさまざまな形態のレッスンがあり、1人1人の目的やレベルに合わせてプランをカスタマイズしてもらうことができるんだそうです。
例えば「海外出張前に短期集中して学びたい!」といった希望に合わせたプランもできるんだとか。

講師陣には、CEFRと呼ばれる国際標準を応用したレベル診断を潜り抜けたプロがそろっており、通う方それぞれのレベルに合わせたクラスではじめられるということです。
初心者でも無理なくはじめられるなら、その後も無理なく続けられそうですね。

また既にそれなりに喋れる方の場合はレベルの高いクラスでスタートすれば、早い段階で効率よくレベルアップしていけることでしょう。
マンツーマンでレッスンを受けることで、ピンポイントで希望の箇所を伸ばしていくこともできそうです。
海外への出張・海外の方が集まるパーティやイベントの前に、ビジネス英語や英語でのプレゼンなどの実践練習を行うというのもできるようですよ。

お忙しい社会人にとって嬉しいのが、フリータイム制のグループレッスンや、レッスン回数の繰り越しシステムなど。
フリータイム制の場合は曜日や時間などが自由で、しかも固定曜日でなくともOKなのだそうです。
また仕事が忙しくなる時期や出張などでスクールに通えない場合、レッスン回数の繰り越しができるので無駄がありませんね。

お問い合わせや資料請求はネットや電話で簡単にできるようなので、気になった方は1度問い合わせてみてもよいかもしれません。

 

トライズ 東京銀座センター

公式サイトより引用

トライズ東京銀座センターの一番の特徴は、全く英語ができない方でも、1年で英語が話せるようにできることなんだそうです。
「長時間に及ぶ学習時間」と、生徒1人1人につく専門のコンサルタントの支援で、数か月もすれば英語が話せるようになり始めるんだとか。
もちろん本人の努力は欠かせませんが、独学で努力するよりもスクールの指導のもとで努力したほうが、上達できる確率は高くなりそうですよね。

なおこの英会話スクールでの「長時間に及ぶ学習時間」とは、1000時間の学習を意味するそうです。
この1000時間のなかで、1週間に6回の英語学習、3回のイングリッシュ・ネイティブスピーカーと対面するクラス、そして定期テストを実施。
この学習プログラムから脱落する人は殆どいないそうです。
それは、生徒一人一人につく、専属のコンサルタントが支援してくれるからなんだとか。

1年で1000時間もの英会話の勉強をするということは、1カ月に換算すると80時間になります。
その忙しいスケジュールを消化するために、この英会話スクールでは生徒の生活に無理のない学習計画を専属コンサルタントと打ち合わせをして組んでいくそうです。
もちろん専属コンサルタントからは、英会話を学習する上での適格なアドバイスも提供してもらえるようです。
また、生徒は孤立しておらず、授業で一緒になった英会話学習をする仲間ができるとのことなので、同じ目的を持つ方々と励まし合いながら通学することができますね。

受講生はまず、抱えている英語学習での疑問や悩みを聞き取るカウンセリングを受けることから始まるそうです。
なおこのカウンセリングは無料とのこと。
受講を迷っている方でも受けられるようなので、悩んでいる方は1度気軽に受けてみてもよいかもしれません。
実際に受講するかどうかはカウンセリングを受けてから決めればよいので、自分に合うと判断すれば受講を決め、そうでなければその段階で見送ればよいのですから。

トライズの拠点は、東京、大阪、神奈川にあります。
また、オンラインサービスも展開していますので、事実上、全国各地どこからでも受講することが可能ですね。

 

RIZAP ENGLISH 銀座店

公式サイトより引用

RIZAP ENGLISHの特徴は、完全マンツーマン、RIZAP ENGLISH専属トレーナーによる担当制だといえるでしょう。
「結果にコミット」のCMでもおなじみのトレーニングジムであるRIZAPが開いた英会話スクールとなっています。
トレーニングジムも完全トレーナー担当制のマンツーマンであり、このシステムはRIZAPの得意分野だと断言できそうですね。

RIZAP ENGLISHでは、まず生徒にカウンセリングを受けてもらうんだそうです。
そこで、生徒がかかえる英語学習する上での悩みや、その生徒の英語のレベルを把握。
そうした上で、生徒一人一人に合った適切な英会話のレッスンを提案・提供してくれるそうです。
最初だけでなく途中でも、生徒に不安があればカウンセラーがなんでも相談にのってくれ、例えばトレーニングがキツければもっとゆるい内容に変更することなども可能だとか。
要は、各自の弱い部分をRIZAP側が把握して、その弱点を強化していくようにプログラムを組んでくれる模様です。

トレーナーは日本語ネイティブばかりだそうです。
人によっては日本のことをよく知らない外国人ではなく、日本や英語学習をする日本人のことをよく知る日本語ネイティブをトレーナーとして採用することで、生徒のかかえる不安に上手く対応できるんだそうです。
なおトレーナー陣の採用率は、なんとたったの4%なのだとか。
難関をくぐりぬけたトレーナー陣だといえるでしょう。
採用後もしっかりした研修を受けているとのことなので、日本人だからといっても英語の腕は心配しなくてよさそうです。

トレーニングは1週間に2回、50分で行われるようです。
一見短くも思えますが、そのぶん集中&特化型であり、反復と確認を絶えず行い確実に習得できるようなレッスンメニューになっているそうです。
まるで筋力UPのトレーニングみたいですね。
(あのRIZAPだからそう見えるだけなのかもしれませんが)

トレーニングとは別に、定期的に持ち帰りの課題が出されるんだそうです。
出された課題に関しては、どういったスケジュールで達成していくのかという計画もセットでたてるような形になり、この計画作りに関しても専属トレーナーがバックアップしてくださるんだとか。
実際に課題を達成できているかの確認もトレーナーが行ってくれ、もし計画通りに進んでいないようならそれに関するアドバイスや計画の変更なども手伝ってもらえるようなので、途中で三日坊主になる心配もなさそうですね。

 

シェーン英会話 銀座本校

公式サイトより引用

シェーン英会話では、生徒に英語でのコミュニケーションを実現させることに重点をおいているそうです。
コミュニケーションがスムーズに行えるよう、「Listening」「Speaking」「Reading」「Writing」という4つの能力を伸ばすことがまず根底にありますが、それだけではないんだとか。

海外の人との会話では、単に「英語」が理解されているだけでは会話がなりたちにくいもの。なぜなら外国人は日本と違った文化をもった国で生まれ育っているからです。
この英会話スクールでは、その違う文化圏と育った人とコミュニケーションをはかることに重きをおいており、単なる英会話の習得では終わらないスクールなんだそうです。

講師は全てイングリッシュ・ネイティブスピーカーとのこと。
全員がCELTAやCertTESOL等の英語指導の国際資格をもっているほか、それだけでなく、この英会話スクール独自の英語指導講習もしっかり受けているそうです。

授業の中で生徒は、英語を使うことだけが求められます。
いちいち日本語に置き換えることなしに、英語を英語として学習していくことを目指しているようです。
これはつまり、英語で考え、英語でしゃべるということ。
授業では意図的に生徒が自主的に英語で話す時間を長くもうけているので、実践しながら身に付けられそうですね。
その上で、海外の文化や習慣を理解しながら英語のさらなる学習を進めていくんだとか。

またシェーン英会話では、英会話用の教材の開発の研究をしたり、英語学習がどれだけ進んでいるかをチェックするテストの開発・留学の支援をしたりなど、英語学習のためなら様々な分野で事業を展開させているそうです。
そしてそれらの経験が40年積み重なって、今のスクールがあるんだとか。
英会話の学習提供のノウハウはそんな長年の経験からきているということで、安心できそうですね。

テキストはもちろんオリジナルのものを使用しており、内容は生徒が思わず英語で話したくなるような構成になっている教科書なんだそうです。
授業の難易度も初めは易しく、そしてレベルがアップすれば難易度を上げていくほか、宿題も出る形なんだそうです。
これならスクールだけでなく、自宅でもしっかり迷わず勉強することができますね。

 

NOVA 銀座校

公式サイトより引用

NOVAでまず目を引くのは、「1万円ポッキリ留学」というプランでしょう。
驚くべきことに、この料金の中にはさまざまな経費も含まれています。
つまり、本当に1万円支払えば、英会話のレッスンに参加することができるのです。
多くの英会話スクールの場合、通いはじめるには入学金などの名目で、意外と初期費用がかかります。
NOVAであれば、こういった費用を払うことなく、わかりやすい明朗料金でレッスンを受け始めることができそうですね。

なお1万円ポッキリ留学の場合、グループレッスンの授業となります。
他にも「2万円マンツーマン留学」などのプランもあるようなので、1度ホームページをのぞいてみてもよいかもしれませんね。

NOVAは1時期CMが非常に多かった印象があります。
その時にうたい文句にしていたのが「駅前留学」というワード。
駅前をうたうだけあって、立地は通うのに便利な店舗ばかりのようです。
銀座以外でも通いやすい支店が多くあるようなので、自分の生活圏に合わせて選んでもよいでしょう。

また「お茶の間留学」という、パソコンやタブレットで授業を受けられるコースもあります。
他にも「多言語留学」という英語以外の仏・独・西・伊・中・韓などの言語を習得できるコースや、「週末留学」という土地に集中するコース、「ビジネスコース」という英会話だけでなくビジネスのスキルも身に付けられるコースなど、多種多様なコースが選べるのも特徴です。
分かりやすくユニークでキャッチーなコース名に興味をそそられると、思わず通ってみたくなりますね。

 

ECC外語学院 銀座校

公式サイトより引用

ECC外語学院には、日本語と英語の両国語が話せるバイリンガルの日本人講師とネイティブ・イングリッシュの外国人講師が在籍しています。
採用の際には、単に語学力だけでなく、教育能力とコミュニケーション能力も加味して採用するかどうかを判断しているということで、安心して授業を受けられそうな気がしますね。
なお英語初心者への指導は主にバイリンガルの日本人講師がわかりやすく行い、ビジネスなどの場面で即戦力となる英語力が必要な方へはネイティブ・イングリッシュの外国人講師が指導を行っているということです。

生徒は、リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングはもとより、英語での考え方やそのスピードを総合的に体得していけるんだそうです。
授業は受け身ではなく、生徒が自発的に英語を発していける能力を身につけることを重視。
また日本語から英語という思考ではなく、英語で考えて英語で話し、筆記するということに重点をおき、英語を自分の身体の一部であるかのように会得することを目指しているようです。

テキストはこの英会話スクール独自のものを使用し、頭で覚えるのではなく、英語を使いこなすことを目的とした教材であり、英語は学習するのではなく、使うものなのだというコンセプトとのこと。

日本語圏と英語圏は距離が離れており、日本語と英語の類似点はとても少ないというのが現実です。
また私たちは、英語を日常で使う機会が少ないです。
英語と接する機会があまりに少ないのです。
でも単に英語を学習する時間を増やせば、それで英会話の能力が身につくものでもありません。
大切なのは、自分から英語を発する環境に身を置くことなのです。
ECC外語学院では、英文法や英単語を頭の中で整理することは重視しておらず、英語が耳に入ったときに英語で即座に反応してしまう頭脳を磨くことを目的とした学習スタイルをつらぬいているそうです。
速攻で現実に対応できる、実践的な英語能力の獲得が最重要と考えているからだそうです。

 

英会話イーオン 銀座校

公式サイトより引用

英会話イーオンでは、日本人で英語を高度に学んだ講師から学ぶことができるようです。
日本人の方ですから、分からないことを日本語できめ細やかに説明してもらえますね。
その一方で、この英会話スクールにはネイティブ・イングリッシュスピーカーの講師も在籍しています。
選りすぐりの外国人講師で、英語を教授したい意欲の高い先生です。
ネイティブの講師からは、発音や外国語特有の文化的表現を教えてもらえます。
やはりその土地で育ったからこそわかる微妙なニュアンスを教えてもらえそうですね。

イーオンルでは、特に英語学習が苦手な生徒の傾向を分析してきたんだそうです。
そのためここで提供する学習法は、英語の勉強が不得手な生徒向きなんだとか。
実際の学習では、英語が苦手でもこれだけは知っているという既存の知識を生かして、そこから実力を伸ばしていくという方法がとられているようです。
英語を使うときに、頭の中で翻訳してしまうという傾向を取り除き、英語で考える習慣をつけてくれるんだとか。

教材はこの英会話スクール独自で作られたものを使用、テキストもやはり英語の学習が苦手な生徒の立場に基づいた視点で開発されているようです。
生徒が中学や高校で学んだ英語の知識が、生かされるように工夫されたテキストになっているそうです。

この英会話スクールの特徴のひとつには、IT技術を取り入れた授業がある模様です。
モニターに、英会話の授業がはかどるような映像を流し、それを教材にレッスンを進めて行くというやり方で、英会話講師との会話に張りが出そうですね。

 

b わたしの英会話 銀座スクール

公式サイトより引用

b わたしの英会話は、とても珍しいことに女性限定なのだそうです。
中でも特に「初めて英語を学習する30代以上の女性」にターゲットを合わせた授業を展開しているんだとか。
その授業は、初心者が不安な気持ちにならないような学習ムードを授業で漂わせるとともに、楽しいレッスンを展開するように心がけているようです。

初心者向けがうたい文句であることから、受講生の9割は学生時代以降に全く英語にふれていなかった人となっているそうです。
ですから、英会話の学習など方向性がまったく分からなくても、ここならカルチャースクール感覚で安心して入校できますね。

この英会話スクールでは、継続するということが英語の上達の基本ととらえているそうです。
そこで、英会話の勉強をすることを生徒に習慣化させることに主眼をおいている模様です。
挫折という概念を学校側がとてもよく理解していますので、生徒を勇気づけることには長けているんだとか。
諦めずに続けて学習をするうちに、英語が上達していきそうな気がします。

授業は講師と1対1で行われるそうです。
テキストはこの英会話スクールで開発されたものを使用し、日本の学校教育で学習した英単語や英文法を基礎に進めていくとのこと。
新しく学習した内容などは、講師がキチンと記録として保存しており、復習を繰り返すことで学習内容を頭に定着させてゆけるそうです。

講師は外国人ですが、皆さん流ちょうな日本語を話せますので、質問などは日本語でできますし、学習内容の説明なども日本語で教えてもらうことが可能だそうです。
日本人のカウンセラーも常駐しているとのことで、どうしても外国人講師に上手く伝えられないことがあっても、カウンセラーに相談することで問題を解決することができそうですね。

 

イングリッシュビレッジ 有楽町(銀座3丁目)校

公式サイトより引用

この英会話スクールでは、生徒1人1人がマンツーマンで独自の授業を受けているそうです。
というのは、単に英会話を学習するといっても、なぜ英会話を学びたいのか、またどこを目標にして英会話を勉強していきたいのかは人それぞれだからだと考えているからだそうです。
つまり、生徒が授業のカスタマイズすることができるというのが、この英会話スクールの大きな特徴といえるでしょう。
ここでは、授業で何を学ぶか、テキストは何を使うか、どれくらいの難易度で授業を進めるかなど、全て生徒が決めることが可能です。

そしてここではなんと講師を指名することができるんだそうです。
自分のお気に入りの先生を選ぶことはもとより、レッスンの度に講師を変えて、様々な個性をもった外国人から色々な英語を聞き取ることもできるようです。
指名はインターネットを通じて、パソコンやスマートフォンで予約が可能となっています。

講師は全員が外国人なんだそうです。
全ての外国人講師は、4年制大学を卒業しており、出身地は英国、北アメリカ、オーストラリアなど。
この英会話スクールでは、世界でどのような英語が話されているのかを生徒に知ってもらうため、意図的に英語を母国語とする世界中の国から講師を採用している模様です。

外国人講師それぞれのキャリアも様々ですから、個々の講師の昔の体験談などを通して、海外の社会の様子を知ることができるようです。
海外の会社はどんな雰囲気なのか、コンサルティング業界は日本とどう違うのか、サービス業はどうか、ファッション業界はどうか、また音楽業界はどうかなど、色々な海外の文化社会について見聞を広めることができますね。

 

英会話リンゲージ 銀座有楽町校

公式サイトより引用

英会話リンゲージでは、安めの授業料をめざしているようです。
1年間で何十万円もの授業料をとる英会話スクールが多いことに疑問をもったことから、安価で英会話教室を運営することを実現。
しかも、料金は月払い制であり、入会金も無料であることから、気軽に英会話の勉強を始めることができそうですね。

また、つまらないレッスンを提供しても生徒が勉強を持続させることが難しいと考え、授業をとても楽しいものに仕上げることを心がけているそうです。
テキストは何と、演劇の台本。
脚本の執筆に専門家がついており、英会話の授業に最適なドラマをテキストに仕上げているそうです。
ドラマはシリーズものとなっていることから、ストーリーの続きが知りたくなって、ついついこの英会話スクールへ毎回通いたくなってしまいそうですね。

また、イベントも充実しているそうです。
ハロウィーン、サンクスギビング、クリスマスなど、英語圏では当たり前の文化イベントを、英会話クラスの中で実現してしまうようです。
それはもう、実際に外国へ行ったような気分になるほどリアルにイベントを催すんだとか。
これなら遊びや趣味の延長で気軽に通えるかもしれません。

英会話の授業以外でも、クラスメイトとの交流する機会を意図的にもうけているそうです。
これによって生徒同士が仲良くなり、お互いを励まし合い、英会話の会得という共通の目標を達成させるために互いに刺激し合うことができます。
生徒は、自分には一緒に英会話を勉強している仲間がいるのだという気持ちがとても励みになるそうです。
レッスンでは生徒が5人に対して講師が1人であり、これは講師が1人1人の生徒の勉強の進み具合を把握するのにちょうどよい人数なんだそうです。

 

24/7English 銀座・新橋教室

公式サイトより引用

24/7Englishでは、講師の質を高く維持するためにサードパーティーによるチェックを行っているそうです。
生徒の中に覆面調査員を混ぜて、授業の品質が十分なものであるかどうかの点検を行っているのだとか。
ですから、講師の質が悪いということはないと考えていいようです。
そんなクオリティの高い講師から、ビジネス英会話からプライベートな英会話を学習することができる模様です。

ビジネス英会話では、生徒が必要だと想定するシチュエーションを考慮して授業の構築を行うようです。
それも時間を最大限に有効に生かして、最短時間でその必要とされる英会話をマスターできるよう授業を工夫して実施しているそうです。
講師にはネイティブ・イングリッッシュスピーカーやバイリンガルの者が在籍していますので、速攻で生徒の必要性に対応しているようです。
特にバイリンガルの講師の存在は心強く、分からないことがあったら日本語で質問ができるそうです。
また早朝から深夜まで開講しているので、出勤前や帰宅前に立ち寄って学習することが可能だそうです。

例えば海外旅行に行ったときに、もっと現地での生活を充実させたい。外国人の友達を作ったり増やしたりしたい。また、その外国人の友達と会ったときに会話を盛り上げたい。海外留学の予定があるので、その準備をしておきたい。そして、単に趣味として英会話を楽しく学習したい。などのさまざまなシチュエーションを想定して英語を勉強できるようです。

学習スタイルは基本、生徒と講師の一対一での学習だそうです。
それも短期集中型ということで、早く英会話をマスターしたい人にとってはとてもありがたいことですね。

 

PROGRIT新橋

公式サイトより引用

PROGRITでは、英語の実力を伸ばすために「なぜ」を追究しているそうです。
例えば、スピーキングが苦手な生徒は、なぜスピーキングが苦手なのかを明確にしてから学習に入る、などといったように。

レッスンに入る前に、全ての生徒は既に会得している英会話の実力をチェックし、そしてそこから英会話の技能を伸ばしていくにはどういうレッスンをすればよいのかを決定するそうです。
どのような学習をするかは、応用言語学第二言語習得論を元にして考えるんだとか。
ですから、ここで実施される初期テストは英語力を調べるのではなく、どこに学習の問題があるのかをとらえるそうです。
英会話をどれだけどう習得していくのかは、生徒とスクールで話し合って決めていくようです。

まずは2ヶ月のスケジュールを組み、微調整を繰り返しながら学習をすすめているようです。
またこの英会話スクールでは、英会話を学習する上での相談だけでなく、英会話を習得していく上ではどのような生活習慣が大切なのかまでをも指導していくそうです。
インターネットを駆使したサービスによって、毎日の学習要綱を細かく設定し、生徒はとどこおることなく英会話を学習していくことが可能になっているとのこと。
常に生徒の実力や現状をスクール側が把握し、長期的また短期的な目標を定めていくようです。

この英会話スクールに所属するコンサルタントは、世界を股にかけた様々な経験を持つ英会話の学習支援が可能なプロの集団なんだそうです。
学問としての英語だけではなく、実際のビジネス上での人間関係で起こり得る問題に上手に対応できる英語能力を身につけているそうです。
日常的に、生徒らの今ある姿と彼らの英会話を元にした将来像を意識し、最も適格な学習方法を提案しているとのこと。
それにより、生徒がもつ潜在的な英会話能力を引き出していくそうです。

 

スピークジム 新橋駅前教室

公式サイトより引用

スピークジムには、例えば「TOEICで満点をとれるようになりたい」とか、「英字新聞に書かれている内容をネイティブ・イングリッッシュスピーカーと討論できるようになりたい」とかのレベルを目指すようなコースはないそうです。
完璧な英語でなくてもよいから、海外での生活に困らない程度の英語を身につけるのが狙いなんだとか。

例えば海外旅行へ行ったとします。
レストランに入りました。メニューに何が書かれているのかを、だいたい把握し、注文を取りに来たウエイターやウエイトレスに、どれを注文するのかを英語を使ってやりとりする・・・・・・それぐらいのレベルの英会話能力の習得が目標であれば、この英会話スクールで学習することにより身につくそうです。

人間は一度覚えたことでも繰り返し使っていないと忘れてしまいます。
特に日本に住んでいますと、普通は英会話をする機会というのはほとんどありません。
かつて何十万円も使って英会話を勉強して、何とか簡単な英会話のレベルまではもっていったはずなのに、英語を使わないうちに忘れてしまっている。せっかく自分へ投資したのに、それが時間とともに水の泡と消えてしまっている・・・・・・このようなことは、概してありがちなことです。
この英会話スクールなら、その忘れた英会話能力を取り戻せるそうです。
しかも楽しみながら復習できるんだとか。
時には絵やイラストの描かれたカードを使い、また時にはゲームを使って英語を使わなければいけないなどのムードをスクール側が演出するので、それにのっかって昔取った杵柄で英語を授業で使えばよいそうです。

とにかく、意識して英語を口から飛び出させて使うこと。
それを繰り返していくことで、英会話の習得及び、英会話の再学習をすることが可能なんだそうです。
自分は一体、何を見たのか、何を聞いたのか、そして何を感じたのか。そんなことを英語を使って口にだしてみる。それが肝心だと、この英会話スクールは考えているそうです。

また、英語圏では文化が違います。
西洋人は大きな声でハッキリと、相手の目を見て話す傾向にあります。
そのようなことも、この英会話スクールでは実践しているそうです。

 

ビジネススクール ・インターナショナル(BSI)

公式サイトより引用

インターネットというものが登場して以来、この世の中はグローバル化に突き進んでいます。
そのグローバル化というのは、特にビジネスの世界に大きな影響を与えています。
日本語と日本文化にどっぷりと浸かっていては、会社が世界の置いてけぼりになることは珍しくはなくなるでしょう。

そんな不安を払拭してくれる強い味方が、ビジネススクール ・インターナショナルなんだそうです。
日本企業に勤める日本人社員が、国際的なビジネス界で活用できる英会話能力を身につけることに主眼をおいた英会話スクールとなっているそうです。
こちらでは国際ビジネス界での実務経験が豊富な講師が、グローバル社会に疎い日本人にビジネス英語を教えてくれるようです。
内容はかなり実践的なんだとか。

英会話初心者のことも考慮にいれ、この英会話スクールではやさしいレベルから上級者レベルまで用意されているそうです。
クラスは少人数クラスか、担任制のクラスを選べます。授業で何を勉強するのか事前にわかるようになっているので、予習してから授業にのぞめるそうです。
また生徒が講師の評価をすることができますので、講師のレベルは高い状態が維持される傾向があるのだとか。
少人数クラスでは生徒が5~8人おり、その全員がほぼ同じレベルの英会話能力をもっているそうです。
そこにネイティブ・イングリッッシュスピーカーの講師が1人ついて、その日のテーマを中心に討論を実施するそうです。
講師は主として、生徒の英語の用法や発音などをチェックして直してくれるとのこと。

この英会話スクールではビジネス英語を教えることが中心ですから、授業の内容は英会話にとどまらないそうです。
ビジネスレターはどうやって書くのかなども、学習内容の一部となるようです。
ビジネスレターの基本はどうなのか、ネイティブに変に思われないライティングとはどのようなものなのか、そしてクライアントなどに失礼の無いようなベターな書き方とはどんなものかを教えてくれるそうですよ。

 

English Point 英会話 銀座校

公式サイトより引用

この英会話スクールでは、英会話初心者から上級者学べる一般英会話コース以外にも、ビジネス英会話コースがあるそうです。
講師はネイティブ・イングリッシュスピーカーで、校風は楽しいというのが特徴だそうです。

入会金はありません。
月謝制かつ低料金の、お財布にやさしい英会話スクールなのだそうです。
しかもレッスン料は後払いであり、授業を受けた分だけ後から銀行を通じて受講料が引き落とされる形のようです。

授業は、生徒と講師の1対1ですすめられるんだとか。
講師陣の主な出身地は、イギリス、アメリカ合衆国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどだそうです。
担任制ですので毎回の授業の前に自己紹介などで無駄に時間を消化されることはないため、レッスン時間をフルに活用して英語学習をすることができるようです。
固定となる担任の先生は、生徒の良きパートナーとなるでしょう。
授業のレベルを上げたいなどの相談も、講師を通じて行うことができるようです。

一般の英会話を学習するコースでは、レベルが5段階に分かれているようです。
その各レベルで、リスニングやリーディングを学び、また、おかしな英語表現などがあれば講師が正しい表現に直してくれるそうです。
授業の内容は、生徒が主導で決めていくんだとか。
生徒の要望を通して、ネイティブ講師が生徒の満足いくようなクラスに仕上げてくれるようです。

そしてビジネス英会話を学習するコースでは、多様かつ多彩な仕事現場で使用され得る英語表現を学習するそうです。
実際のお仕事でおかしな英語を使う日本人がいるなどと思われないように、しっかりとネイティブレベルの英語のフレーズを勉強されてくれる模様です。
想定され得る仕事現場とは、外資系企業、輸出入産業、医療関係、教育機関関係、観光業関係、飲食業関係、小売業関係で、そういった場所での英語のコミュニケーションを学習するそうです。
また、英字新聞などを教材として、英語で討論するなどの学習方法も取り入れているようですよ。

 

ラングランド 銀座校

公式サイトより引用

この英会話スクールでは、英会話の学習以外にも力を入れている分野があるそうです。
例えば、TOEICや実用英語技能検定の対策準備などだそうです。
しかも、それらの受験会場がこの英会話スクール内に設定されることもあり、いつもの英語学習をしているそのままの雰囲気でテストを受けることが可能のようです。
初めて訪れる不慣れな受験会場で余計な緊張感の中で受験する必要がなく、いつも通りの自分自身の本領がテストで発揮できるので有利そうですよね。

また近年ではTOEICにせよ実用英語技能検定にせよ、リスニング能力のチェックに、ハリウッド映画で使われるような英語だけを学習しても対応できなくなってきているようなんです。
少なくともアメリカ合衆国で使われる英語だけでなく、カナディアン・イングリッシュ、オーストラリアン・イングリッシュ、ブリティッシュ・イングリッシュなどの特異ななまりをもった英語もリスニングを測る上で対象になるんだとか。
この英会話スクールでは、そういった国々特有の発音も意識してリスニング能力の向上に力を貸してくれるそうです。

授業は担任制で、講師はネイティブ・イングリッッシュスピーカーなのだそうです。
しかしながら、様々な発音の英語のリスニング能力の向上を意識したレッスンですから、数週間ずつ、出身の違う国からの講師がクラスを受け持ってくれるようです。
開講時間は平日だけでなく週末も含まれますので、受講のスケジュールはとてもフレキシブルに対応でき、自分の都合の良い日・時間に合わせて受講可能になっているようです。

また、この英会話スクールの特徴の2番目として、英語以外の外国語も学習ができることがあげられるようです。
その例としては、スペイン語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、ロシア語、ポルトガル語、ポーランド語、中国語、韓国語などをネイティブ講師から教えてもらえる形なのだそうです。

 

55段階英語村

公式サイトより引用

55段階英語村は、あの四谷学院が運営する英会話スクールとなっています。

特徴としては、海外で育つ子供たちが成長しながら言葉を学習していくのと同じように英会話の学習をしていくことなのだそうです。
子供というのは例えば、美味しいご飯をたべながら、まわりの大人たちが「これは美味しいね」と話しかけてもらいながら言葉を学んでいきます。
この英会話スクールでの英語学習のスタイルとは、まさにそれと同じやり方なんだそうです。

レッスンでは、講師が生徒が何を言いたいのかを雰囲気で察知し、それを英語でどう表現すればよいのかを教えてくれるそうです。
このような、その時々の感情や経験をすんなりと英語で表現していくことの繰り返しにより、生徒はボキャブラリーをアップさせ、またネイティブから日頃使っている慣用表現などをたくさん覚えていくことができるんだとか。

55段階英語村では、教科書に掲載されている内容をただ丸暗記するだけで実践的な英会話が身につくなどという考え方を否定しているそうです。
自分が今、英語で会話している相手が何を言ったのかをキチンと英語のまま解釈し、そして英語で考えながら英語で返答をするという練習を繰り返すんだとか。
つまり、英語脳の構築です。
英会話の学習では、脳の側頭葉という部分がかかわってくるようです。
この英会話スクールでは、その側頭葉をよく使って英会話の練習ができるようにデザインされているそうです。
それも初めは簡単な表現から、そしてだんだんと高度な表現の仕方へと段階的に難しくしていくというレッスンを継続して受講していくうちに、生徒は自然と英会話の技術を習得していくことができるといいます。

授業では、英会話が使われる様々なシチュエーションを想定しているそうです。
例えば、ショッピング、空港でのチェックイン、病院の診察時での医者とのやりとり、ファーストフードでの注文、道案内の仕方・・・・・・などなど。
そういった状況をリアルに設定して学習するので、結果的にとても実践的な英会話が身につきそうですね。

 

インタースクール 東京校

公式サイトより引用

インタースクールでは、英会話を学習するというよりは、プロの通訳を養成をするような本格的な英語教育を行っているそうです。
リーディング、リスニング、ライティング、そしてスピーキング全てにおいて、重圧感のあるレッスンに身を置き、向上心を絶やさずに英語学習を継続することこそが、実践的な英語を習得する近道だと考え授業を展開しているそうです。

講師の質も良いそうです。
ネイティブ・イングリッッシュスピーカーなら誰でも英語は話せるでしょう。
しかし、例えばビジネス英語は、キチンと英語のビジネスの現場で仕事をしてきた人でなければ実践的な知識をもっていません。
この語学学校では、国際会議という現場で通訳や翻訳の仕事を経験してきた人などが授業にあたるのが基本だそうです。
講師は日本人である場合も、ネイティブ・イングリッシュスピーカーである場合もあり、様々な現場の先頭に立って現役で活躍している通訳者が、講師として生徒に通訳の方法を伝授しているといいます。

教材は、現実に使用された国際会議の資料、最近、発生したビジネス関係の事柄、経済問題、社会問題、環境問題などの話題を盛り込んだものが使用されるんだとか。
このような教材が使われるため、生徒は広い範囲での英語の知識を学習できるようです。
今、現実に行われている国際会議の様子そのものを、教材として利用することもあるそうですよ。

なおこの学校は、英語を学習する場所としては他に例を見ないくらい授業が厳しいことで有名だそうです。
何でも楽な方法で本当に実践現場で通用するような語学力は身につかないと考えているのだとか。
だからこそ生徒が集まっているという側面もあるようです。
授業が厳しいならば本当に英語が身につくだろうと考える受講生が多々存在するからです。

そのためもしあなたが気軽に英会話を学びたいと考えているなら、インタースクールはやめておいたほうがよいかもしれません。とっつきやすい英会話スクールはほかにも多数あります。
ですが本格的に英語を身に付けたいと真面目に考え、それだけの努力をしたり時間を割いたりできる方であれば、インタースクールは向いているといえるんじゃないでしょうか。

 

Gabaマンツーマン英会話 大手町ラーニングスタジオ

公式サイトより引用

Gabaマンツーマン英会話では、その名の通りマンツーマンつまり1対1でレッスンを実施することにこだわりをもっているんだそうです。
1対1だからこそできることがあり、例えば「自分の希望に合わせたレッスンを注文して学習させてもらえる」「自分にとってちょうど良い速度で英会話を勉強させてもらえる」「自分が苦手な分野を特に集中して教えてもらえる」「自分の仕事に関係する資料などを持ち込んで、分からない点を講師に質問させてもらえる」などが考えられるんだとか。

1対1なら、複数名でのグループレッスンと違い、授業時間すべてが生徒の所有する時間となりますね。
その時間すべてをフル活用することができます。
文法でも、リスニングでも、スピーキングでも、またライティングでも分からないところは、納得いくまで講師に質問攻めにして教えてもらうことが可能のようです。
他の生徒の目を気にする必要は全くありませんから、自分が英語に全く自信がなくても恥をかくといった心配することなくリラックスして授業にのぞめますね。
また、授業は録音させてもらうことが可能だそうです。

英会話を教えてくれる講師は担任制といった固定されたものではないので、指名によって選択できるんだとか。
自分と気の合わない講師とガマンしながらいつまでもレッスンを受ける必要はなく、お気に入りの講師を選べるようです。
また、講師によって得手不得手もあるでしょうから、今日はこういった勉強をしたいからこの講師にする、またある日は、特別な分野が得意な講師に特異な質問を投げかけるために指名して教えてもらう、なんてこともできます。
生徒1人1人の英語の実力はキチンとファイルに整理されているとのことで、講師が変わっても講師はその生徒に即応することが可能なのだそうです。
また単に、毎回気分を変えて違う講師と対面したいという理由で指名制度を活用することもできますね。

この英会話スクールでは、講師と生徒が正面から向き合うと緊張しやすいとの理由で、講師と生徒が斜めに対面できるように工夫した机を使用しているそうです。
そういった、心理的側面も考慮にいれてレッスンが実施されるのはこちらの特色の1つではないでしょうか。

更にこの英会話スクールでは、TOEICの対策に特化したクラスも用意されているそうです。
学習したいのが英会話だけでなく、TOEICの点数を伸ばしていきたいという生徒は、TOEIC対策のクラスを選択するとよいでしょう。

 

更新日:

Copyright© オトナ女子をワンランクUPしてくれそうな銀座の英会話スクール・20選 , 2018 All Rights Reserved.