Uncategorized

その他の違い

更新日:

スペルが異なるものが存在します。「colour(英)とcolor(米)」、「centre(英)とcenter(米)」、「memorise(英)とmemorize(米)」等はよく知られています。

また単語そのものも異なります。日本人は違いを意識せずに和製英語として用いることもあるのが、「holiday(英)とvacation(米)」、「garden(英)とyard(米)」、「pharmacy(英)とdrugstore(米)」等でしょう。

さらには文法まで異なっています。最たる例は「have」です。イギリスでは完了形を頻繁に用いますが、アメリカでは過去形で簡単に済ませる向きがあります。また時刻・時間表現にも差があります。イギリスではquarterhalfを用いた複雑な言い回しを好みますが、アメリカは日本のように単純に表現します。

イントネーションの違いも日本人には馴染みのないものですが歴然とあります。学校教育でアメリカ英語を学ぶ日本人は、疑問文のライズ・イントネーションが当然だと思い込んでいますが、イギリスでは下がり口調も用いられます。

 上述したように細かく探り始めるときりがないくらい、多くの違いが存在します。ですから一言で特徴を形容するのは難しいのですが、アメリカ英語に比べてイギリス英語は隙のない英語だと言えます。世界を飛び回って活躍するに当たり、馬鹿にされたくない、ネイティブにも一目置かれたい、などと考えている人は、イギリス英語を身に付けるべきだろうと思います。時には上流階級の人や社会的地位の高い人ともコミュニケーションをとる必要がある以上、イギリス英語は馬鹿にされにくいツールだと言えます。ただイギリス英語至上主義も考えものです。実際オーストラリアやニュージーランドでさえアメリカ英語の混入は珍しくありません。裏を返せば語学初心者はアメリカ英語を学べば十分なのです。

-Uncategorized

Copyright© オトナ女子をワンランクUPしてくれそうな銀座の英会話スクール・20選 , 2018 All Rights Reserved.