Uncategorized

英語の支配は加速する

更新日:

ビジネスの世界に国境はありません。今後はますます国境を軽々と越境するようになるでしょう。当然共通言語を扱う能力が求められます。例えばインターネットの情報に占める英語の比率は実に55%に上ります。日本語のページしか閲覧しない人は、ごく一部の情報にしか触れられないということが分かるでしょう。

 英語ができることが武器であった時代は既に終焉を迎え、若者の英会話能力は必須となっています。都市部では外国人労働者が増え、英語のできない日本人に代わって、彼らがインバウンド産業を支えるようにもなりました。IT産業でも英語が当然にできるインド人、中国人が雇用されています。日本人が日本で就職するために英語を勉強することが当たり前の時代に突入したのです。

 では英語以外の言語が現在の英語の地位を簒奪することは可能でしょうか。グーグル翻訳は中間言語を軸にプログラムされているのではないかとも言われていましたが、現実は英語を基軸にしています。従って翻訳の精度は英語を介したものが一番優れているのです。これは英語をハブとしたプログラミングの既定路線が今後も不変であることを示しており、AIの技術が進歩しても(否、進歩すればするほど)、英語を学ぶことが前提であることを意味しています。

 機械翻訳は情報テクノロジーであるため、その使用によって能力の個人差がさらに拡大してしまいます。AIの活用によって、情報処理能力の高い人、語学を含めた知識を有している人がその能力を高め、富を蓄える一方、ゲームやネットサーフィンしかできない人は武装することができず、経済的に落ちぶれてしまうのです。

-Uncategorized

Copyright© オトナ女子をワンランクUPしてくれそうな銀座の英会話スクール・20選 , 2018 All Rights Reserved.