Uncategorized

日常英会話のレベル

更新日:

英会話初学者の誰もが最初から高望みはしません。せめて日常会話くらいはできるようになりたいと思うものです。ですがこの「日常会話」がどの程度の会話であるのかを明確に認識できている方は少ないのではないでしょうか。用例を集めてみると、「海外旅行や海外生活で特段の支障が生じない」、「ビジネスレベルと対比される概念」といったイメージが一般的であることが分かります。挨拶や自己紹介、天気の話題、ショッピング、レストラン、ホテル、交通、好み、依頼に関するお決まりの表現が最たる例でしょう。

日常会話レベルはTOEICに換算すると、600点前後に相当します。必要な単語数は2000語ですから、誰でも時間を割けば習得可能なレベルです。いえ、中学卒業レベルに該当しますから、義務教育を受けた皆さんは既にこのレベルに達しています。では何故多くの成人が話せないのでしょうか。知っている知識を使いこなせないのは語学に限った現象ではありません。要は慣れていないだけなのです。

上述したように、日常会話レベルの上にはビジネスレベルが存在します。ビジネスレベルの英語は専門用語を駆使するだけではなく、表現が丁寧で、短縮形やスラングは用いません。裏を返せば、日常会話はシンプルな言い方を選んで構わないのです。シンプルに話せば間違えずに伝えることができますし、前項で述べた「英語のロジック」との相性もよいため、ネイティブに好印象を与えます。3語や5語で話すことは恥ずかしいことではなく、格好良いのです。

日常会話のコツとしては挨拶を疎かにしないこと、ゆっくりはっきり話すことが最も重要です。挨拶表現は頻度が高く、挨拶から会話の幅が広がります。会話の時間が長くなると、英語の上達スピードは加速します。またゆっくり話すことで、ネイティブは「聴く態勢」をとってくれます。

-Uncategorized

Copyright© オトナ女子をワンランクUPしてくれそうな銀座の英会話スクール・20選 , 2018 All Rights Reserved.