Uncategorized

欧米における英語習得

更新日:

 日本人は「アメリカ人とヨーロッバ人は皆英語をスムーズに話せる」と考えるものですが、実際はどうでしょうか。日本のような島国とは違い、欧米のほとんどの国は地理的に外国と接しています。ですから外国語の習得は仕事と切り離せず、英語を身に付けることは日本以上に当たり前のこととされています。米国の移民やドイツ人、フランス人、その他ヨーロッパの小国で生まれ育った人は、どのように英語を学習しているのでしょうか。

案外知られていないのがテレビだと思います。確かに学校教育の中でも英語を学ぶのですが、幼少期はテレビから吸収します。よく知られているのがアメリカのセサミストリートでしょう。あの番組は移民のための政策として放映され始めました。未就学児のほとんどにセサミストリートの視聴経験があり、スペイン語等が母国語である移民にとっては楽しんで学ぶことのできる、貴重なツールなのです。但し米国の言語政策は変動が激しく、今後の見通しは不透明です。ヒスパニックの移民が増加の一途を辿る中、彼らに英語を強要することの是非が問われ始めており、スペイン語と英語とがどのように共存するのかは興味深いところです。

さて米国以上に様々な言語が飛び交っているのがヨーロッパです。ドイツ語やフランス語の話者も相当な比率を占めますが、彼らは英語話者でもあります。ヨーロッパ諸国の英語人口比率は軒並み高く、北欧は約8割、ドイツやフランスは約5割にのぼります。こうした状況はEUの政策目標と合致しており、ヨーロッパの人々は皆母国語以外に数種の外国語を話すことができるのです。ところでヨーロッパにおいてもテレビの語学教育効果は大きく、字幕付きの番組を積極的に見るよう、推奨されています。

-Uncategorized

Copyright© オトナ女子をワンランクUPしてくれそうな銀座の英会話スクール・20選 , 2018 All Rights Reserved.