Uncategorized

アジアにおける英語

更新日:

アジアは経済成長の著しい地域であり、中国と韓国をはじめ、様々な国の英語事情が日本のそれと比較されます。英語教育への投資は日本でも増え始めていますが、未だにASEAN諸国の後塵を拝していると言われています。アジア諸国における英語の事情は実際にどうなっているのでしょうか。

エジュケーション・ファースト社の英語能力指数によれば、アジア地域で英語力の高い国はシンガポール、マレーシア等です。意外にも韓国は日本と同レベルに位置しています。中国はさらに下位に甘んじており、東アジアの国々は揃って英語が苦手なようです。他方、著しく得点を伸ばしている国がインドやヴェトナムです。これらの国々は経済成長とリンクしており、今後もレベルが高まると予想されます。

ETSによれば、英語教育が発展している国々には共通した特徴があるそうです。第一に早期から教育を行っていること、第二に指導の質が高いこと、第三に英語使用の実践の場あること、第四に英語習得のインセンティブがあることを挙げているのですが、いずれもシンガポールやマレーシア、ヴェトナムの現況と合致しています。中国や韓国もこれら東南アジア諸国に倣い、早期の英語教育に乗り出しています。韓国では既に90年代に英語学習開始の学年を下げ、コミュニケーション重視型の英語教育を取り入れました。最近重い腰を上げて小学校に英語教育を導入した日本とは雲泥の差があります。韓国の地方には「英語村」が設けられ、子どもが英語に慣れるための施設が散見します。フィリピン留学も盛んで、スパルタ教育は留学先でも発揮されています。また中国も日本に比べれば手を打つのが早く、2000年代初頭には小学校の英語教育が始まりました。都市部と農村部とではまだまだ教育の機会に差があるものの、オンライン教育がその差を埋めつつあります。

-Uncategorized

Copyright© オトナ女子をワンランクUPしてくれそうな銀座の英会話スクール・20選 , 2018 All Rights Reserved.