Uncategorized

中東における英語

更新日:

日本人にとって想像の及ばない地域の一つが中東ではないでしょうか。欧米ともしばしば反目する中東では英語をどのように捉え、また教育しているのでしょうか。実は中東諸国は英語話者が多く滞在する地域です。石油に頼るばかりの経済から脱却しようと、優秀な外国人をオイルマネーで招き、先進国に追いつこうと奮闘しています。ですから街中には英語を話す外国人が溢れており、英語を使えなければ仕事が成立しません。就職もアジア以上に英語力が問われます。英語ばかりか、フランス語やスペイン語の能力を同時に問われるのも珍しくありません。

インセンティブがあまりにも大きいため、親御さんも必死に英語教育を施します。アジアのように「小学校から」などと呑気に構えてはいません。幼稚園からインターナショナルスクールに通わせます。教師は皆バイリンガルなので、授業中のみならず、遊戯の時間もアラビア語と英語を効率的に習得できます。また中東の富裕層はベビーシッターを雇うのが一般的なので、フィリピン人のメイド等が使う英語も飛び交う中を生活します。テレビは欧米のアニメや教育番組が流れており、ネイティブの発音にも親しんでいます。さらにスーパーやレストラン、果ては病院に至るまで、従業員は皆英語を話す外国人です。英語を使用する実践の場もアジアに比べてはるかに多いのです。面白いのは習い事さえ英語で行われるということです。オイルマネーで招き寄せる外国人は文芸の領域でも活躍しています。ピアノや体操の先生も皆海外から招いています。

多くの日本人がイメージする「中東」とはかけ離れた実態であることがお分かりいただけたと思います。

-Uncategorized

Copyright© オトナ女子をワンランクUPしてくれそうな銀座の英会話スクール・20選 , 2018 All Rights Reserved.