Uncategorized

言葉の理解の仕方

更新日:

赤ちゃんは1歳をすぎる頃から「ママ」などと言葉を口にしたりするそうです。

赤ちゃんの言葉の習得は、ここからはじまるわけではないそうです。

この「ママ」という言葉が出るまでに、たくさんのことを学び習得してきているそうです。

赤ちゃんは産まれてすぐに言葉に反応しているそうです。

子供は教えなくても生まれつき言葉を理解するアンテナを持っているそうです。

産まれた瞬間どころか、お母さんの胎内にいる時からわかっているということをいう人もいます。

胎教といって音楽を聞かせたりするという話もよく聞くかと思います。

それは母親の言葉を空気振動音としてではなく身体的反響音として聞いているという学者もいるそうです。

その音を聞いて胎児は言葉の刷り込みをしているそうです。

こうしてインプットされた言葉は脳の中にたくさん蓄積されていくそうです。

もちろん言葉の意味を理解しているわけではないそうです。

けれど、目の前の人が自分に一生懸命語りかけてくれるのはとても嬉しいそうです。

その感動や関心から、そこから会話をするということの意味がわかってくるといいます。

そして言葉を発して、あふれるように自分の言葉を発することができるようになるそうです。

胎教としてモーツアルトを聞かせるというのをよく聞きます。

モーツアルトが一番とか、どんな音楽が良いかというのははっきりとわかっているわけではないそうです。

けれど胎教は外界で鳴っている音に反応を示しているそうです。

人間の感覚でもっとも早く発達するのが、聴覚だそうです。

耳は、受胎から数週間でできはじめ、受胎後4ヶ月半ごろに完成するそうです。

お腹の中にいる赤ちゃんは、お母さんの心臓の音を聞いて、安心感を得ているそうです。

もし将来自分に子供が出来たときに英会話ができるようになってほしいという願いがあるなら、胎教として英会話を聞かせたり、母親自らが英会話をしてみることもよいかもしれません。

-Uncategorized

Copyright© オトナ女子をワンランクUPしてくれそうな銀座の英会話スクール・20選 , 2019 All Rights Reserved.