Uncategorized

英会話に必要なもの

投稿日:

英会話に必要なものは、単語、文法、発音だそうです。

これらを土台として学ぶという姿勢が大切だそうです。

英会話ができる人は、慣れているからでも何でもなくて、英語の土台の上に積み重ねたものがあるから英会話ができるようになっているそうです。

基礎がだめだとその先もちゃんとは発達してくれないそうです。

基礎ができる前に自由な会話を楽しもうとしても難しいそうです。

いきなりゴールから勉強をするよりも、英会話に必要な文法、発音、単語を勉強するといいそうですが、その中でも、think とsinkの違いなどが難しいと感じていたらなら、そこを重点的に勉強をするといった具合にするそうです。

この文法というのは中学で習ったものは全部意味が分かるレベルになっていることが大切だそうです。

中学校で学ぶ文法といって、改めて問われると全くわからないという感じになってしまいます。

動名詞、現在分詞、過去分詞、不定詞、進行形、受け身、完了、5文型、主語、述語、目的語、補語、修飾語、句、節、名詞、代名詞、動詞、形容詞、副詞、助動詞、前置詞、接続詞、関係詞、疑問詞とこれだけあって、思い浮かべることができたり例文を作ることができるのがどれだけあるか考えてみると、ゾッとします。

これらを学ぶ意味など考えるよりも、これらがわかってて当たり前なのだから勉強しとこうぐらいに思っていた方がいいそうです。

基本がしっかりしていたら、上達の仕方も変わってくるそうです。

一年後を楽しみにして勉強していくのがいいそうです。

英会話が上達しない理由は時間をかけていないから、ということもあるそうです。

時間をかけないと学習のコツはつかめないそうです。

やはり時間をかけるということは大切だそうです。

-Uncategorized

Copyright© オトナ女子をワンランクUPしてくれそうな銀座の英会話スクール・20選 , 2019 All Rights Reserved.